お手入れ

お手入れもしっかりと!

今回は、スイブルスイーパー自体のお掃除方法をご紹介したいと思います。

お掃除がおわった後、このつまみをぐいっとスライドさせて中身を捨てます。

こんなふうに、本体下のカバーがパカッと開いて中のゴミが下に落ちる仕組みです。ここまでは、以前にもご紹介しましたよね。

スイブルスイーパーG2は、掃除機のように吸気でゴミを吸い取るのではなくて、ブラシが回転してゴミをかき取る仕組みです。なのでこのように、どうしてもブラシの部分には糸くずや髪の毛などが巻き付いてしまうんです。お手入れの際には、本体の柄の部分にセットしてあるピンを使って、こういった糸くずなどを取り除いてやります。

ピンの反対部分はコーム状になっているので、こちらもうまく使ってくださいね。けっこう髪の毛って多いんですよね。とくに、うちには髪の長い娘が2人もいるので、こんなふうにぐるぐるに巻き付いた髪の毛に手こずることもあります。

普通のゴミの他に、糸くずや髪の毛がかなりたまっていました。毎回使う度にする必要はないですが、たまにはこうしてスイブルスイーパーG2そのものを掃除してやることも必要ですよね。ちなみに、上の透明カバーも取り外せるので、より本格的に手入れをしたい時はそれも外して徹底的にやっちゃいます。

ブラシの回転が悪くなると、ゴミを集める力も落ちてしまうので、時々こうしてお手入れをしてやるよう気をつけています。

    
    次のこぼれたビーズへ⇒     

 

スイブルスイーパーが世界で1000万台売れた訳!
秘密はこちらから⇒Go!

うれしい特典も!?1本でも2本でも同じ金額で買えちゃうの^^

公式サイト【動画】はこちら⇒


MENU

質問コーナー

お問い合わせ